スペイン・マドリー ’08 #4

「王宮(Palacio Real)」です。
20世紀の初期まで、実際に国王が居住していました。
館内は見学可能。豪華な装飾や調度品は必見だと思います。(ただし撮影不可)
ちなみに、私は密かにゴールド好きでありまして、興奮してしまいました。
まぁ、ここまですべてが豪壮な意匠だと、暮らしていて疲れるかもしれませんが。
200811_IMG_9318.jpg
200811_IMG_9324.jpg
200811_IMG_9334.jpg

王宮の近辺にて。
木漏れ日の作り出す模様が、印象的でした。
200811_IMG_9300.jpg
200811_IMG_9336.jpg
王宮に隣接する、「アルムデナ大聖堂(Catedral de Nuestra Señora de la Almudena)」です。
この日はお祭りが行われており、花に囲まれた聖人を載せた、日本でいう山車が、大勢の人に見送られながら大聖堂の中に入っていきました。
スペイン国歌が生演奏され、これには感激。

ポテトチップや、ひまわりの種を売っています。
200811_IMG_9313.jpg
おひとつ、どうですか?

「スペイン・マドリー ’08 #4」への2件のフィードバック

  1. こんばんは、マドリードというとあの有名なサッカーチームが思い浮かびます。
    でも考えてみると王国だから首都にはこういう王宮があるんですね。
    中はキンキラキンなんですね!

  2. そうですねー。
    サッカーも見ようかと思ったのですが、この前のバルセロナでもひたすら歩いたため、結局、疲れて出かけませんでした。惜しいことしたかな〜。
    そう、歴史ある王国の首都ですからね〜。なかなか規模が大きいですよ。
    そして郊外には、もっとでかい王宮があります。
    そこにも、いずれ行ってみたいです。

コメントは停止中です。