イタリア・ミラノ #7

夜のガッレリア(Galleria Vittorio Emanuele II)にて。
青空が見えないと、鉄とガラスの武骨な雰囲気が強調されますね。
201111_IMG_1109.jpg
201111_IMG_1118.jpg
ガッレリアの床にある、狼のモザイク。
ローマ建国伝承のロムルス・レムスの双子は、産まれた後に捨てられ、牝狼の乳を飲んで生き延びたとか。
有名な牡牛のモザイクは撮り忘れました・・。

そして翌朝になりました。旅の最終日です。
201111_IMG_1806.jpg
ホテルの近所を少し散歩。
こちらは帰国前でちょっと寂しい気分ですが、街は普通の朝を迎えているのでしょうね。
201111_IMG_1819.jpg
ホテルをチェックアウトし、直行バスで空港へ。

1時間ほどで、ミラノ・マルペンサ国際空港に到着です。
201111_IMG_1826.jpg
空港にもありました、PIQUADROのショップ。
日本では見かけませんが、今回の旅で発見していたく気に入った革製品ブランドです。
201111_IMG_1825.jpg
それでは、このヒコーキで帰ります。
さようなら、イタリア!

これで、昨年秋から続いたイタリア編を終わります。
ありがとうございました。

「イタリア・ミラノ #7」への4件のフィードバック

  1. イタリア超大作お疲れ様でした〜。
    自分も新婚旅行で行ったところがあったので、変わらない歴史を感じました。
    やっぱりイタリアはアートもご飯も全て奥深いですよね!
    次回はハワイ編を期待してますので、さっそく行ってきてください。

  2. ども。
    自分でも余韻を引っ張りたくて、しつこく続けてしまいました〜。
    ハワイも楽しかろうなぁ。
    1ヶ月くらい過ごしてみたい!

  3. どうもお久しぶりです。
    イタリア行かれていたんですね。
    フィレンツェなんかは懐かしく拝見させて頂きました。
    やはり建物の造りとか素晴らしいですね。
    以前スペイン行かれた時は新婚旅行だったとの事でしたが、今回もなにかの記念でしょうか?

  4. tomoさん、どうも。
    スペインもそうでしたが、イタリアも建築物の重厚さ華やかさは圧巻ですね〜。
    今回は特に記念などではなく、たまたま長めの休みがとれたものでして。
    また行きたい。

コメントは停止中です。