球春 ’13 ジャイアンツ編

球春 ’13 ジャイアンツ編

宮崎キャンプリポート、最後はジャイアンツ。市街地から南に20分ほど走った先、宮崎県総合運動公園で実施中。
201302_50D_5511.jpg
外野で手を振る、長野(#7)&藤村(#0)。これからランニングです。
201302_50D_5536.jpg
201302_50D_5524.jpg
1軍野手陣そろい踏みですね。観ている側も興奮する陣容。
201302_50D_5554.jpg
ランニングの後は、各自打撃練習。手前が坂本(#6)、奥は長野(#7)です。

訪れたのは、キャンプイン直後の週末。まだまだ基本練習が多く実践的な紅白戦などはないためか、観客も少なめ。建国記念の日の三連休は、WBC候補クラスも参加しての紅白戦もあり、かなりにぎわったようですね。

201302_50D_5550.jpg
201302_50D_5569.jpg
ポスト慎之助候補のひとり、市川(#69)。ジャイアンツの5年先を考えたときの最重要課題が、捕手。正捕手を固定できないチームが優勝を狙うのは難しいでしょう。

ところ変わって、室内練習場の「木の花ドーム」です。

201302_50D_5603.jpg
居残り練習中の大田(#55)。この人は、なんといっても55番を受け継いだ選手。今年こそ、花開いて!
201302_50D_5588.jpg
出入口で、ファンへのサインに応じる矢野(#48)。ヤノケンも、もはや若手とは言えない年代。外野のレギュラーは競争が激しいけれど、定着を狙ってほしい。

1 2

九州カテゴリの最新記事