豊後・府内城

大分府内城です。
現在の大分市街は昔は豊後の国府があったところで、ここに城を置いた藩は府内藩と称していました。
本来は、各地の「府中」と同じで、それだけでは土地を特定するものではないのですが。

大分府内城
天守は現存していませんが、いくつか櫓が残っています。
大分府内城
秀吉の時代に、この地に福原直高が築城。
大分府内城
関ヶ原以降は、竹中半兵衛の従弟である竹中重利が入城し、大改修。
おおむね今の形になりました。
大分府内城
しかし、例によってというか、最終的には親藩の松平氏が入り、明治まで治めるのでした。
大分府内城

ところで、大分の有名大名といえは、こちらの人でしょう。
大分府内城
キリシタン大名としても知られる、大友宗麟です。
これは駐車場にあった胸像。
大分駅前にも立派な銅像があります。
(現在、駅前広場工事中につき、倉庫で一時休憩中とのことです。)