乗り鉄 ’16初夏 #5 札沼線

今回の乗りつぶし旅、本命はこちらの札沼線(さっしょうせん)。
札幌から、石狩平野を北へ、新十津川町までを結ぶローカル線です。
札幌近郊の区間には大学や病院などがあることから、学園都市線という愛称がついており、その区間においては結構な乗降客があります。
札沼線
しかしながら、今年2016年3月のダイヤ改正で、北半分のローカル線区間は、ついに1日1往復だけ!になってしまいました。
札沼線
田植えが済んだ水田地帯を車窓の友に、ディーゼルカーが進んでいきます。
札沼線
本数は最小レベルですが、僻地という感じではありません。
むしろ、幹線道路もあり、沿線には平野地帯ならではの明るさも感じます。
札沼線
終点、新十津川駅に到着しました。
ルピナスが満開!
新十津川駅
新十津川駅では、近くにある保育所の園児が、お出迎え。
こんなカードをもらいましたよ。
新十津川駅
さて、本日最初で最後の列車が出発していきます。
園児たちが、元気にお見送り。
思ったよりも素敵な光景で、感動しました。

さて、ここから滝川の市街地までは、歩いて小一時間。

まつじん
滝川には、東京にも出店している「松尾ジンギスカン」の本店があります。
まつじん
せっかくなので、こちらで昼から宴会です。
お供のビールはもちろん、サッポロクラシック。
滝川駅
滝川駅から、特急で札幌に戻ります。

滝川駅は札幌と旭川を結ぶ大幹線の特急停車駅ですが、さきほどの新十津川駅とはクルマなら15分程度の距離。
実用としては、間違いなくこちらの駅を利用しますよね・・・。