「青森県」カテゴリーアーカイブ

乗り鉄 ’15-16冬 #1 津軽線

冬の乗り鉄旅、三連休を利用して北東北を巡りました。

東京駅6:32発の「はやぶさ」に乗り込み、一路、新青森へ。
さらに、特急とローカル線を乗り継いで、お昼頃、ついに津軽半島最北端の駅「三厩(みんまや)」に到着です。

津軽線 三厩
ここが終点、北の果て。
曇り、雪、時々晴れ。
津軽線 三厩
駅から、さらに10キロほど行くと、竜飛崎。
列車発着に合わせて、バスが運行されています。

♪ ご覧あれが竜飛岬 北のはずれと 見知らぬ人が 指をさす

ところで実は三厩駅は。いずれ達成するはずのJR完乗のゴール駅として考えていたのですが、今回思い立って来てしまいました。
改めて、ゴールはどこにしようかな・・。

津軽線
津軽線の車窓はほとんど山の景色ですが、少しだけ津軽海峡が見える区間もあります。
津軽線
左奥からまっすぐに走るのが、まもなく開業の北海道新幹線の高架橋。
右から合流していくのは、いま乗車している津軽線から分岐した線路で、現在、本州と北海道を結ぶ特急や貨物列車が走っています。

JR五能線の旅

主に津軽の海側を走るローカル線、五能線です。
201003_IMG_3564.jpg
201003_IMG_3641.jpg
 
木造駅の建物は、巨大な土偶。
近くにある縄文遺跡から発掘された土偶(遮光器土偶)がモデルになっています。
201003_IMG_3570.jpg
以前は、列車が来ると目が光るようになっていました。
「いらっしゃいビーム」と呼んでいたそうな。
 
車窓には、日本海の荒波の風景。
201003_IMG_3623.jpg
 
五能線を走る観光列車「リゾートしらかみ」では、車内でこんなアトラクションも。
津軽三味線の生演奏です。
201003_IMG_3574.jpg