「京KYOTO」タグアーカイブ

落葉の京都 ’17 #3 旧三井家

糺の森(ただすのもり)のすぐ南に、2016年秋に公開されたばかりの新しいスポット「旧三井家下鴨別邸」があります。
三井家とは、江戸時代に呉服商の越後屋(いまの三越)を興して財を築き、三井財閥(いまの三井グループ)を作り上げた一族のことです。
旧三井家下鴨別邸
この三井家の別荘として大正時代に建てられた屋敷ですが、戦後まもなく、国に譲渡。
1951年から2007年までは、隣接する京都家庭裁判所の所長官舎として使用されていましたが、保存状態も良く歴史的価値も高いことから、原状回復作業を経て一般公開されることになったものです。
旧三井家下鴨別邸
部屋の中がゆがんで見えるのは、明治・大正時代の建築当時のガラスがそのまま使われているから。
これも貴重な過去の遺産です。

では、庭に出てみましょう。

旧三井家下鴨別邸
12月初旬ですが、まだ紅葉が少しだけ残っています。
旧三井家下鴨別邸
2階の座敷や茶の間は、手続をすると借りることもできます。
3階には、望楼も作られています。
旧三井家下鴨別邸
庭の池越しに望む主屋。
京都ではこういった別荘屋敷が何箇所か公開されていますが、ここも見ごたえありました。

落葉の京都 ’17 #2 糺の森

続いて、まだ落葉が楽しめると聞いた、糺の森(ただすのもり)へ。
下鴨神社の境内の、大きな林です。
糺の森
こちらは、今年再興された雑太社(さわたしゃ)です。
糺の森は関西ラグビー発祥の地だそうで、ここの絵馬はラグビーボールの形をしています。
糺の森
少しだけ葉も残っており、日を浴びて輝いています。
糺の森
穏やかな、初冬の晴れの日。
糺の森
下鴨神社の南口の鳥居が見えてきました。
下鴨神社
いつも朱色が鮮やかな、下鴨神社の楼門。
下鴨神社
大きくて真っ赤な南天の実を、あちこちでみかけました。
下鴨神社
下鴨神社には、水に浮かべると文字が見えてくる「水みくじ」というものがあります。
おおはしゃぎの、男子6人組。