「鉄道」タグアーカイブ

高千穂あまてらす鉄道 #2

高千穂あまてらす鉄道のトロッコ列車で乗り鉄。
高千穂鉄道 あまてらす鉄道
高千穂からひとつめ、天岩戸駅を通過します。
高千穂鉄道 あまてらす鉄道
当時のまま、残されているホーム。

天岩戸駅を過ぎると、かつて高千穂鉄道のハイライトのひとつだった高千穂橋梁に差し掛かります。
ここは、水面からの高さが105mもある、日本でもっとも高い鉄道橋でした。

高千穂鉄道 あまてらす鉄道
橋の上にさしかかると、だんだんと速度を落としていきます。
ここがトロッコ列車の終点で、しばし停車して眺めを楽しむ時間。
高千穂鉄道 あまてらす鉄道
眼下には、崖に挟まれた川が見えます。
高千穂鉄道 あまてらす鉄道
この先もまっすぐ線路はつながっています。
でも、いまはもう、来られるのはここまで。

晴れた空のもと、すばらしい爽快感と絶景を楽しめましたが、少しだけ切なさも残る、そんなトロッコ列車旅でした。

高千穂あまてらす鉄道 #1

高千穂の旅、鉄道ファンとしては外せない場所にやってきました。
高千穂鉄道あらため、高千穂あまてらす鉄道です。
高千穂鉄道 あまてらす鉄道
高千穂鉄道は、かつての国鉄路線から引き継いだ第三セクター鉄道で、延岡から高千穂を結んでいました。
高千穂鉄道 あまてらす鉄道
しかしながら、2005年に日本列島を襲った大型台風が、九州に大きな爪痕を残します。高千穂鉄道も、鉄橋が二箇所で流出するなどの大被害を受けました。
復旧にかかるコストはあまりにも多大。観光路線としては一定の人気を博した高千穂鉄道ではありますが、採算が見込めないということから、最終的に廃線を余儀なくされてしまうのでした。

いまは、高千穂あまてらす鉄道という新会社が高千穂駅周辺の一部路線を引き継ぎ、ディーゼルカーの体験運転や観光トロッコ列車の運行を行なっています。
今回は、そのトロッコ列車に乗車。

高千穂鉄道 あまてらす鉄道
高千穂駅を出ると、ちょうど体験運転で動かしていたディーゼルカーが並走してくれました。
高千穂鉄道 あまてらす鉄道
駅構内を出ると、林の中や、田園地帯を駆け抜けていきます。
高千穂鉄道 あまてらす鉄道
よく晴れて、最高のトロッコ日和でした。